教育方針・魅力

特色

English SchoolイマジンJAPANは、他の幼児英会話教室とはまったく異なり、保育園、幼稚園、プレスクール、習い事(特に小学生対策まで)が一体化した日本初の「幼児総合教育児童園」です。
日本では、文部科学省が管轄する幼稚園と厚生労働省が管轄する保育園、その他に習い事であるピアノや英会話教室など、今の日本の幼児教育は分割されているのが現状です。
幼稚園・保育園・プレスクール・習い事の一体化が常に議論されているものの、そこからの発展はなかなか見られません。
そこでイマジンJAPANでは日本初の試みとしての幼児総合教育を構築していきたいと考えています。English School イマジンJAPANは、今までになかったイングリッシュスクールを目指します。

English School イマジン JAPANは、英語は学ぶものではなく自然に身につけるものだという理念のもと「世界の共通語」と言われる英語を、あくまでも身近に、そして生活の一部として吸収できる環境を提供いたします。
IQ教育(知識)のみの教育から、EQ(知恵)も使うこども達へ・・・。
こども達の教育は、まず心と身体の発達があり、その基礎の上に知能の発達があると考えます。これを、知育・徳育・体育の三育教育と呼んでいます。
大事なことは、それぞれのポイントを高めることではなく、バランスよく伸ばしてあげることなのです。どこかひとつだけ高めようと思ってもこの三角形はバランスを崩してしまうのです。学力だけでなく、心と身体の育成に力を注ぐ、これがイマジン JAPANの教育体制です。

保育理念

English School イマジン JAPANでは、園生活の中で、子供達の、聞く(聴覚)・見る(視覚)・触る(触覚)という三大行動を何よりも大事にして行きたいと考えています。子供達にとって遊び=生活なのです。
異年齢の子供達が一緒に遊ぶ事により、人を思いやる気持ち、敬う気持ちを養い、多人数の中で幼いながらにも自分の生活を守って行くという力強さを身につけます。
これがイマジンJAPANの教育体制です。

教育理念

  • 健康な身体と心(素直、我慢、優しさ、善悪の判断、感謝)をもつ元気な子
  • 英会話力・読み書き能力・計算能力等を身につける
  • 想像力、そして創造力を身につける
  • 協調性と国際性豊かな子
  • 愛の心を育む