早期英語教育の必要性

幼児期の早期教育のメリット

英語特有の発音やリズムを最高指導者のもと、生活の中で自然に習得するのはこの時期が最適です。

幼児期は発音器官がすごくやわらかい時期です。
最近では英語の難しい発音やイントネーションの違いなどは、幼児期に吸収させないとダメだと言われています。

模倣能力が最高の2歳~6歳の子どもは、あらゆる言語の音を聞き分け、発することができます。

無限の吸収力の時期です。英語だけの環境の中に子どもを入れてあげることにより、無理なく自然に英語を吸収することができるようになるのです。

0歳から6歳までは、脳細胞発達する大切な期間です。

この時期の子どもは感覚や動作を通して物事を鋭くとらえ、言語を身に付けていきます。
そのため歌やリズムを使って、また絵本などを読んで聞かせるなどして、遊びの一環として、楽しみながら英語に触れさせることが大切です。