ご挨拶・会社概要

ごあいさつ

これまで幼児教育には厚生労働省が管轄する保育所と文部科学省管轄の幼稚園がありますが、幼児に幅広い教養を身に付けさせるためには民間の英語教室や音楽教室などに通わせるしかありませんでした。

「 English School イマジン JAPAN」では生活の基本を教える保育所機能を持ちながら、音楽、数学、語学などを教育していきます。特に英語は「教育」としては考えず「生活習慣の一部」としてとらえており、ネイティブのチューターと一日中英語を話しながら共に生活することで、園児は柔軟な耳と脳で英語を自然に吸収できるようになります。

現時点での日本の教育は、保育・幼稚園・小・中・高・大学と「卒業」という名のもとに教育が断絶してしまっています。それにともない教える側としては生徒の個性を把握する労力がかかり、画一的な教育に終始せざるをえません。それを踏まえて、将来的には一貫性のある教育システムづくりを目指し、「 English School イマジン JAPAN」ではその一貫教育の第一段階として始動します。

現在の日本では自分で考える力を持っていない大学生が多いと言われています。
これは親が学費を払い、学生に自分で勉強している観念がないことが一つの原因となっています。
アメリカの3割、イギリスの2割に対して、日本では8割の親が学費を支払っていることからも、大学で学問をすることの認識が欧米とは明らかに異なります。

こうした認識の違いは社会に出ての能力面でも反映されており、先進9カ国の20代、30代を比較するとコミュニケーション能力、発言能力、応用力、創造力などで日本は最下位です。
これは日本の教育方針、特に幼児教育への取り組みの甘さにも要因があると考えます。

そこで「English School イマジン JAPAN」は、オーストラリアの学校と提携することにより日本初の総合教育型English Schoolを確立し、これを広く全国に展開して行く所存でございます。
何卒、皆様のご賛同を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

使命と責任の先にあるもの

子供たちは未来を支え、新しい時代と文化を創っていく、社会全体の財産です。
彼らは無限の可能性を秘めています。私たちの役割は、その可能性の扉を開けてあげること、可能性を十分に伸ばせる社会の環境を少しでも整えてあげることです。
保育や教育というものは、単にモノやお金を扱う仕事ではなく、ひとりひとりの人間としっかり向かい合うことを要する仕事です。そこには大きな使命感と責任感が求められます。私たちが社会にできる貢献とは、責任を持って与えられた使命を果たすことです。

海外提携校

イマジンJAPANでは、オーストラリアのゴールドコーストにある「Imagine Education Australia」と提携し、長期の親子留学や幼児教育資格「CERTIFICATEⅢ」を取得する留学プログラムを提供しています。
イマジン留学プログラム