講師紹介

Bobby先生

I was born and raised on Guam. I lived there for 15 years then I moved with my family to Palauand lived there for about 14 years.

I grew up in a family of 7 brothers and sisters. I am the 2nd oldest, with an older brother, 2 younger brothers and 3 younger sisters.

I really love eating. The first food I fell in love with when I first came to Japan was Unagi. I really enjoy hunting and I really do miss it became you can net hunt in Japan. Becoming an English teacher in an amaizing experience and I will continue having fun loving it while I do it.

 Charlie先生

Hello! I’m Charlie. I was born in London but moved to the country side  in southwest UK when I was young.

I have 4 younger brthers and 1 younger sister all of whom I had to look after as my mum doesn’t have good health.

I became interested in teaching kindergarden because my younger brother has aspergers and I always enjoyed playing with him.

I am always very happy and love to make others happy to my own hope is to make your children happy too.

 Nicola先生

Thank you for your trust in me in taking care of and teaching your children ! I promise I will not let you down!

紀代子先生

2月からイマジンJAPAN荻窪児童園の仲間になりました!よろしくお願いします!

一人ひとりの個性を大切に、長所を伸ばし、苦手なものを少しでも 減らせていけるようなていねいな保育を目指していきたいと思います。園内では若い先生たちに負けないくらい元氣に子供たちと毎日笑顔で過ごしています。家庭では、大学生の長男や長女、中学生の次女3人のママとして奮闘しています。先輩ママとして何かアドバイスやお手伝いが出来ると思います。ぜひご相談くださいませ♪

詩織先生

子供たちの“成長”という力に日々パワーをもらっています。小さな達成のつみ重ねを近くで見守っていられること、その日々を言葉や文章や写真などのかたちにして保護者の皆さまに伝えられたらと思っています。

彩子先生

数年前、我が子もプリスクールの生徒でした。大泣きする娘を、ひたすら優しく見守ってくださった皆さんへの感謝が、私の保育士としての原点です。いつの日かこの国での日々を幸せな気持ちとともに思い出して頂けるよう、精一杯頑張ってまいります。

千明先生

6歳の娘と10ヶ月の息子のママとして、子育て奮闘中です!園児さんたちと一緒に歌うサークルタイムが大好きです♪

あゆ美先生

こんにちはヽ(^0^)ノ
学生の頃、私は幼い子とどう関わって良いのかわからず、苦手意識がありましたが、知り合いの子供たちとの出会いをきっかけに「大好き!」にに変わり、そこからベビーシッターの資格をとり、保育の仕事にも携わるようになりました。
今は子供たちの新しい発見が共に嬉しかったり、伝えたいことがわかると嬉しそうなのも嬉しかったり、一緒に過ごせることを嬉しく思います。どうぞ宜しくお願いします(*´∇`)ノ

園長

私自身、教育の現場で23年目を迎えることになりましたが、日々子どもたちから学ばせてもらうことが多くとてもやりがいを感じています。
「三つ子の魂百まで」と言いますが、この時期に学習したものは忘れにくく、特に言語を習得するにはとても大切な時期であると感じています。わずか数ヶ月で英単語がどんどん出てくる子や寝言で英語を話す子どもたち。子どもたちの日々の成長に本当に驚き、また子どもたちの教育を始めるのは、この時期からであると確信をしております。
私は、子どもたちに楽しんで英語にふれてもらい、子どもたちに日本の文化や他の国の違いを理解してもらいと思っています。それは、国と国の垣根を取り、平和で安心できる子どもたちの未来を創っていくことに繋がると信じています。
これからも、子どもたちが自信をもって人生を生き抜いていくための必要な教育をしていきたいと思うとともに、保護者の皆さまから、イマジンJAPAN荻窪児童園を選んで良かったと言ってもらえるように全力でサポートしてまいります。